モバイルバッテリー 10000mAh:「御厩河岸より両国橋夕陽見」葛飾北斎 富嶽三十六景 PSE認証済

a004kshs007-l
a004kshs007-l a004kshs007-l

モバイルバッテリー 10000mAh:「御厩河岸より両国橋夕陽見」葛飾北斎 富嶽三十六景 PSE認証済

(a004kshs007-l)

商品の仕様・特徴

カラー:シルバー
対応機種:iPhone / Android各種対応
バッテリー容量:10000mAh
本体重量:228g
サイズ:縦124.5mm×横68.2mm×厚み16.5mm
出力電圧:5V/2A
付属品:microUSBケーブル1本

葛飾北斎について

葛飾北斎(1760-1849)は江戸時代後期の浮世絵師で化政文化を代表する一人。代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、19世紀のヨーロッパ文化圏に到来したジャポニスムを通じて、ヨーロッパの芸術シーンに多大な影響を与えたことで世界的にも知られています。

森羅万象あらゆるものを描き尽くそうとし、90年の生涯で3万点を超える作品を残しています。

1999年、米ライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一86位にランクインした日本人であり、近年最も注目を集めている浮世絵師です。

『富嶽三十六景』について

『富嶽(冨嶽)三十六景』(ふがくさんじゅうろっけい)は、名所浮世絵揃物の一つで、北斎の代表作です。

「富嶽」は富士山の別名であり、本連作は、富士見のできる各地の名所を織り交ぜながら様々な構図で富士山の在る景観を描いたものです。

題名の「三十六景」が示す通り、発売当初は36図で終結する予定でしたが、絶大な好反響を得たことから、10図が追加出版されて全46図という構成になりました。

とりわけ「山下白雨(さんかはくう)」「凱風快晴(がいふうかいせい)」「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」の3図は富嶽三十六景の三役とよばれ、本シリーズのなかでもとりわけ芸術性の高い作品として評価されています。

また「神奈川沖浪裏」は欧米で「The Wave」と呼ばれ、北斎の代表作として親しまれています。

作品解説

大判錦絵 天保2年(1831)頃
御厩川岸(おんまやがし)は、現在の墨田区横網一丁目辺りに位置し、隅田川対岸の台東区蔵前二丁目辺りを結ぶ御厩(おんまや)の渡わたしがあった所です。本図中央にも、さまざまな客を乗せた乗り合い舟が描かれています。背景は画面の上半分を空が占める広々とした空間構成で、両国橋や川沿いの街並み、富士山がシルエットになってゆく夕暮れの慕情をしっとりとまとめあげています。冨嶽三十六景シリーズ中、「隅田川関屋(すみだがわせきや)の里」「本所立川(ほんじょたてかわ)」とともに、すみだにゆかりの深い3図のうちの1つに数えられます。

Specification

Color : Silver
Capacity : 10000mAh
Full Charge time : 3.7 hours
Weight : 228g
Size : 124.5mm x 68.2mm x 16.5mm
Output Port : 2xUSB-A
Input Port : Micro B
Output voltage : 5V/2A
Appurtenance : 1 x Micro B cable

Title

“Sunset across the Ry?goku bridge from the bank of the Sumida River at Onmayagashi” Hokusai Thirty-six Views of Mount Fuji series

Introduction

The following is quoted from the Metropolitan Museum of Art;
With the view of Ry?goku Bridge in the distance, Hokusai focuses on a ferry carrying an assortment of merchants, monks, and a bird catcher?identifiable by the tall rod he carries?home after a day’s work. The mood is subdued as night gradually overtakes the evening sky and the ferry’s passengers nod beneath their broad hats or gaze at the distant bridge. While the foreground is sharply defined in the aizuri blue-line technique, the background view of the bridge, boats, and far shore is executed in lineless silhouetted forms of mute grey and green. Twilight has cast the river view in a dreamy hushed tone.

A note of tension is inserted by the needle-sharp bird catcher’s rod shooting in the sky. This vertical element is played off against the squat pyramid of Mount Fuji, etched against the sky in deep indigo blue. Though small, Mount Fuji commands a strong presence in this picture, which is part of a series of “Thirty-six Views of Mount Fuji.” Contrasted to this symbol of tradition, however, is the elegant silhouette of Ry?goku Bridge, impressive testimony of modern Edo engineering know-how.

在庫状態 : 在庫僅少
販売価格:¥4,800(税別)
数量