モバイルバッテリー 4000mAh:「山下白雨」葛飾北斎 富嶽三十六景 PSE認証済

a004kshs015-m
a004kshs015-m a004kshs015-m

モバイルバッテリー 4000mAh:「山下白雨」葛飾北斎 富嶽三十六景 PSE認証済

(a004kshs015-m)

商品の仕様・特徴

カラー:シルバー
対応機種:iPhone / Android各種対応
バッテリー容量:4000mAh
本体重量:118g
サイズ:縦110.5mm×横68mm×厚み10mm
出力電圧:5V/1A
付属品:microUSBケーブル1本

葛飾北斎について

葛飾北斎(1760-1849)は江戸時代後期の浮世絵師で化政文化を代表する一人。代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、19世紀のヨーロッパ文化圏に到来したジャポニスムを通じて、ヨーロッパの芸術シーンに多大な影響を与えたことで世界的にも知られています。

森羅万象あらゆるものを描き尽くそうとし、90年の生涯で3万点を超える作品を残しています。

1999年、米ライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一86位にランクインした日本人であり、近年最も注目を集めている浮世絵師です。

『富嶽三十六景』について

『富嶽(冨嶽)三十六景』(ふがくさんじゅうろっけい)は、名所浮世絵揃物の一つで、北斎の代表作です。

「富嶽」は富士山の別名であり、本連作は、富士見のできる各地の名所を織り交ぜながら様々な構図で富士山の在る景観を描いたものです。

題名の「三十六景」が示す通り、発売当初は36図で終結する予定でしたが、絶大な好反響を得たことから、10図が追加出版されて全46図という構成になりました。

とりわけ「山下白雨(さんかはくう)」「凱風快晴(がいふうかいせい)」「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」の3図は富嶽三十六景の三役とよばれ、本シリーズのなかでもとりわけ芸術性の高い作品として評価されています。

また「神奈川沖浪裏」は欧米で「The Wave」と呼ばれ、北斎の代表作として親しまれています。

作品解説

大判錦絵 天保2年(1831)頃
下界は黒雲がたちこめ雷鳴とどろき、上空は青空に雲が浮かんでいます。富士山を中心に、2つの対照的な天候を描くことで、富士山の大きさ、高さを表現しています。「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」「凱風快晴(がいふうかいせい)」とともに、冨嶽三十六景シリーズを代表する図柄として知られていますが、具体的な名所や風俗を描くより、富士山そのものをどのようにとらえるかに力が注がれているように感じられます。なお、本図の雷の部分は、美術館のロゴのデザインの元にもなっています。

Specification

Color : Silver
Capacity : 4000mAh
Full Charge time : 3 hours
Weight : 118g
Size : 110.5mm x 68mm x 10mm
Output Port : 1xUSB-A
Input Port : Micro B
Output voltage : 5V/2A
Appurtenance : 1 x Micro B cable

Title

“Rainstorm Beneath the Summit” Hokusai Thirty-six Views of Mount Fuji series

Introduction

The following is quoted from the Metropolitan Museum of Art;
This is one of Hokusai’s most celebrated works. A thunderstorm, indicated by a bolt of red lightning, dramatizes the sudden change from a cloud-filled summer sky to the murky violence that disturbs all below Mount Fuji.

Katsushika Hokusai, one of the world’s most creative artists, embodied an extraordinary sensitivity toward nature and a keen perception of humanity.

在庫状態 : 在庫僅少
販売価格:¥4,200(税別)
数量